トレトレFX

設定

設定画面

トレトレFXの設定

トレトレFXの設定画面です。
通貨ペアを選択して売り買いを行う数値を入力後にラウンド(全ポジ決済)設定を行います。
初めての方などで入力する値がよく分からない方はおまかせ設定ボタンをクリックして下さい。

入力画面

1. おまかせ設定ボタン

初めての方や4.と5.にどのような数値を入れるべきか分からない方はおまかせ設定ボタンをご利用ください。
クリックするといくつかの設定例が出てきますのでご希望の設定を選択してください

2. 有効/無効

トレトレFXを開始/停止する際に使用します。

3. 通貨ペア

取引する通貨ペアを選択してください。

4. 買って売る設定

  • 【A】 にエサを仕掛ける(ナンピン買い)間隔の数値をpips単位で入力してください。
  • 【B】 利益確定を行う数値をpipsで入力してください。指定した数値の含み益が出ると売りを実行します。
  • 【C】 損切りを行う数値をpipsで入力してください。指定した数値の含み損が出ると売りを実行します。

5. 売って買う設定

  • 【D】 にエサを仕掛ける(ナンピン売り)間隔の数値をpips単位で入力してください。
  • 【E】 利益確定を行う数値をpipsで入力してください。指定した数値の含み益が出ると買いを実行します。
  • 【F】 損切りを行う数値をpipsで入力してください。指定した数値の含み損が出ると買いを実行します。

ラウンド制とは

ラウンド制でトレトレFXをより快適に、より安全に

これまでは運用時にポジションが増え続けることが悩みの一つでした。
取引が順調なときはそれほど気にならなくても、そうでないときには持ち続ける含み損が心理的な負担にもなってしまいます。また突然の大きな値動きの際にはプラスだった利益がマイナスに転じてしまう可能性もありました。

それらの悩みを解決するべく、トレトレFXにラウンド制を導入しました。
ラウンド制とは取引開始から終了までをボクシングのラウンドに例えています。
トレトレFX設定時に 【全体の損切り額】 と 【全体の利益確定額】 を設定することで、ラウンド開始からの実質損益(確定損益+含み損益)が【全体の損切り額】 または 【全体の利益確定額】のいずれかに到達すれば全てのポジションの決済を行い自動的に運用停止することでそのラウンド(取引)を一旦終了させる機能です

別の言い方をすれば損失と利益の額をお客様自身でしっかりコントロールができる機能になります。

一度ラウンドが終了すれば再度お客様が再開の操作を行わない限り新しいラウンドは開始されません。

全ポジ決済機能

指定額に達すると全てのポジションの決済を行った後に
運用を自動的に停止する機能を全ポジ決済機能といいます。

実質損益が【全体の損切り額】 または 【全体の利益確定額】のいずれかに到達すれば全てのポジションの決済を行った後自動的に運用停止(ラウンドが終了)する機能です。

全ポジ決済機能の設定

全ポジ決済機能を有効にするには、下記画面の1.【全体の損切り額】 と 2.【全体の利益確定額】 に値を入力します。入力後は確認するボタンをクリックしてください。

全ポジ決済機能が実行された後は3.が【無効】に指定されて取引が停止した状態になっています。新たなラウンドを開始するには3.を【有効】にして確認するボタンをクリックしてください。

全ポジ決済入力

1. 全体の損切り額

実質損益がここで指定した金額になると全ポジ決済機能が実行されてラウンドが終了します。
ラウンド開始時は実質損益が0ですので、入力の際は負の数(マイナスがついた数値)を入力する必要があります。(例: -3や-5等) なお運用中の実質損益がプラスの状態(例:+5万円)では0以上の数値に変更できます。

2. 全体の利益確定額

実質損益がここで指定した金額になると全ポジ決済機能が実行されてラウンドが終了します。

3. 有効/無効

ラウンド停止中は【無効】となっています。新たなラウンドを開始するには【有効】を指定してください。